日本が3D化される日 - 日々思う事
一条工務店 免震住宅の建築ブログ
road2myhome

一条工務店の免震住宅(セゾン)を建築した27歳夫婦の軌跡「マイホームへの道(Road to MyHOME)」と現在の暮らし

日本が3D化される日

2021年04月07日
日々思う事 0
PLATEAU.png

上の画像を見て何のアプリか分かりますか?

ある地点の航空写真のようですね。Googleマップだと思った方は多いようですが、実は違います。

国土交通省が進めている、プロジェクト「Project PLATEAU」なんです。
都市3Dデータの整備・公表計画で、東京23区からスタートして、都市データの航空写真や3Dデータやメタ情報などを、オープンデータ(つまり無料)で公開しています。

結構、頑張ってるんですね。



PLATEAU2.png

PLATEAU(プラトー)

上の画像は、国土交通省の「PLATEAU」データを、可視化ツール(Webアプリケーション)の「PLATEAU VIEW」で表示した、新宿区です。
ズームしてみると、3Dの建物が表示されています。これが白っぽく見えていました。
衛星写真の上に3Dオブジェクト(建物)を配置しています。

PLATEAU3.png

建物をクリックしてみると、赤っぽくハイライトし建物の属性情報が表示されます。
  • 計測高さ
  • 面積
  • 地上・地下階数
  • 用途
  • 住所
  • (準)防火地域か?


リアルな表現も可能

設定パネルで「テクスチャ付き」を選択すると、再描画が始まり、テクスチャが張り付いた3Dの建物が表示されます。

PLATEAU4.png
「テクスチャなし」の状態よりも建物が少なくなっています。
テクスチャがある建物のみ描画するのか、私のパソコンのスペックが低すぎて表示できるオブジェクト数が減ったのかは分かりませんが、スペックの低い私のパソコンでは描画完了まで2~3分待ちました。また、メモリも多く使用する為12Gのメモリを最大に使い、その後操作しようとしましたが、固まってしまいました。

PLATEAU6.png


建築物の詳細度

建築物の詳細度は、下記のように分かれており順次公開されていくということです。
詳細度
  • LOD1:平面の国土地理院地図をもとに建物の外枠を作り、高さだけを補完
  • LOD2:さらに屋根形状やテクスチャーを追加
  • LOD3:窓などの詳細な形状を含む
  • LOD4:建物の内部を含める

建物は時間がたてば、建て替えられたりしますが、一回作った後どのタイミングで更新されるのでしょうか?LOD4の「建物の内部」だと、外観以上に変更は多いので参照したデータが古かったということが頻繁に発生しそうです。データの品質・鮮度の担保はどうしていくのか、興味があります。

m02_o.jpg


国土交通省の狙い

これまで、Googleマップや、ストリートビューを使うことが多かったと思います。
国土交通省の狙いとしては、GoogleやAppleなどの地図・地形データは、企業のデータであり有償のデータです。有償の認識は少ないと思いますが、GoogleマップのAPI(開発用でマップにアクセスする為のプログラム)では、マップにリクエスト何回で、費用が決まっていたりします。

国土交通省としては、他企業のデータを使うのではなく、自前のオープン(無償)データで、様々な分析・可視化ができるようにと整備を進めているようです。

3D都市モデルを体感できるWEBアプリ | PLATEAU VIEW | PLATEAU [プラトー]

PLATEAUのデータをプレビューできるブラウザベースのWEBアプリケーション「PLATEAU VIEW」について紹介する。



今後

今は、東京都のみですが日本全国に手を伸ばすようです。今後、自分たちの街が、どのように3D化されるのか期待しましょう。

また、建物の3Dを表示するだけでなく、駅や病院などの施設を注記で示す機能がありますが、駅名は表示できましたが、病院は表示されませんでした。

また、想定規模/想定最大の浸水ランクを川ごとに表示する機能も、ボタンとしてはありますが特に変化が無かったのでこれから実現されていくのでしょう。

PLATEAU7.png


まとめ

Googleマップ・ストリートビューは非常に膨大な時間を費やして構築されています。写真でも相当な費用と時間が掛かっていますが、3Dモデルだと更に時間が掛かる作業になります。今から後追いで、何年かけて実現するのか気になるところです。

このプロジェクトの目的は、全国の3Dデータを作る事ではなく、シミュレーション、ビジュアライゼーション、エンターテイメントなどデジタルと実世界の融合(デジタルツイン)を目指しているので、ご自分の街が3D化されていないと文句を言うのは、筋が違うかもしれませんね。
私は、このような国の税金を使って整備しているデータを、これまでは一部の研究機関のみが使うだけだったものが、オープン化されたことは評価できますし、今後の発展の加速にも寄与すると思います。



関連記事

シェア!

road2myhome
管理人: road2myhome
----------------------------
ハウスメーカー: 一条工務店
タイプ: セゾンF(在来軸組)・免震
施工面積: 43坪
オプション: ブラストタイル・瓦
ローン:③SBI住信ネット銀行
    ②SBIモーゲージ
    ①住宅金融公庫+地銀
----------------------------

コメント0件

コメントはまだありません